結婚式のオープニングムービーとは?

オープニングムービー

結婚式のオープニングムービーとは、主役である新郎と新婦が式場に入場する前に、用意された動画を上映する映像系演出です。比較的新しいタイプの演出方法で、結婚式に取り入れるカップルが増えているのです。

オープニングムービーは、何よりも新郎新婦の登場を待ちかねている、ゲストに楽しんでもらうことが目的。かしこまった雰囲気はなくアップテンポの早い展開の動画が多く、時間も短めの3分程度です。2人からゲストへのあいさつや、なれそめとプロフィール紹介で、ゲストのワクワクと期待感を高めます。動画に使用する映像も2人の写真を使う場合もあれば、デフォルメしたアニメーションを取り入れるなど、アイデア次第でさまざまな演出が可能。誰もが知る映画やアニメの予告編のような派手でキャッチーな演出や、パロディ要素を取り入れた動画が人気です。パロディは著作権に配慮が必要ですが、うまく取り入れればインパクトが強いよりゲストが楽しめるムービーに。また式の打ち合わせをする2人の様子や、花嫁衣装の仮縫いや試着。あるいは当日のメニューを試食の様子など、式までの道のりの紹介もゲストの気分を盛り上げます。そしてオープニングムービーの最大の特徴は、新郎新婦入場のカウントダウンの演出が入ること。ムービーが最高に盛り上がったタイミングで、主役の2人が華やかに入場してくるのです。

オープニングムービーの製作は制作会社や式場に依頼する場合も多いですが、最近では自作するカップルが増えています。自作なら費用の節約になり、プロに依頼するより手作り感がある温かい仕上がりが魅力。しかし自作ムービーの製作は良いものを作るには、アイデアとセンスが必要。そして動画作りに慣れない初心者は、動画製作ソフトの使い方から覚えなければなりません。プロに依頼すれば間違いなく高いクオリティのオープニングムービーが仕上がりますが、一生の想い出として残る大切な結婚式だからこそ、自作で動画を作るべきか悩ましいところでしょう。